ATX電源死亡(コンデンサ爆発)

ATX電源を死亡させてしまった。

調子こいてPCI-Eのグラフィックボードとかつけちゃったら、ボンって爆発音が出て電源が一切入らなくなった。何かがおわったと言うことだけわかったが、ここからが面倒だった。マザーボードか電源かそれともグラボか。いやーな臭いで電源が完全に逝ったのはすぐにわかり、やはり白い液体が電源のケース内にぶちまけられてた。で、マザーボードも逝ったか確認したくて、休眠中のPCから電源を、、、、あー、マザーボードのPIN数が違う。新しいのは24PINで、古い電源は20PINだ。あきらめかけたけど、とりあえずググったら、24PINのマザーボードに20PINの電源を刺して動くみたいな情報発見。電源ばらして、付け替えて、おー、CPUのファンがまわり、一安心。マザーボードは生きてた。ただ古い電源は、S-ATAの電源が2つしかなくて、2台のHDDに電源を回し、光学ドライブはしばらくお休みになってしまった。そのあと、グラボもとりつけて、問題なく動作した。6PINのPCI-E用の電源から引かなくても、4PINの古い電源からとれたし。

情報まとめ:
・GIGABYTE GA-MA780G-UD3H は 20PIN の電源でもOK。
・SAPPHIRE HD 4770 512MB GDDR5 PCIE DUAL DVI-I/TVO は PCI-E用 の 6PIN が電源になくても、変換ケーブル付属するので古い電源でもOK。
・買って数ヶ月で逝ってしまった電源は Abee の SD-525ESE です。良さげなのになぁ。

コメント

人気の投稿