モニターアームをメタルラックに設置(土台加工あり)

ERGOTRONのモニターアームをちゃんとメタルラック(スチール棚)に設置しました。
板材に穴開けしたものをメタルラック棚の上下に挟んで、それを土台として、モニターアームの支柱を立てる作戦です。

ERGOTRON LX デスクマウントアーム

こういう形に仕上げました。
念のためクランプを挟んでいるけど必要ないくらいにガッチリ固定できました。ケッコウ満足。

板材は東急ハンズで加工して来ました。

ブナ板材穴あけ

ちょうど良い感じで、100×300×15mmの板材があったので、それを半分に切り、穴をあけて貰っただけです。図面は素人なりに一応書いて行きましたが、その場でちゃんと伝えることができれば大丈夫な雰囲気でした。木の種類はいくつかあったけど、硬めで値段も安かったので「ブナ」にしました。

東急ハンズには「ハガキ」サイズの板材というのがあって、サイズ的にはそれでOKだったのですが、厚さが5mmだったのでちょっと心細かったため、先に書いた別の板材を選びました。

モニターアーム土台図面

図面は、ERGOTRONのサイトにある「Dimensional Illustrations」をよく見て、サイズを確認して作りました。

穴の直径は、15mmから料金が上がるとのことで、結局14mmに変更しました。「Installation Manual」によると、8mm以上あれば良いらしいです。

板材:486円、加工代:162円。待ち時間1.5Hくらい。

Ergotron 45-241-026 LX Desk Mount Monitor Arm
http://www.ergotron.com/en-us/products/product-details/45-241#/

フリーの2D汎用CADソフト「AR_CAD」 - オフィシャルサイト『AR_CAD MANIA』 - PDF, DXF, SXF, JWW, JWC, JPG, BMP, PNG形式 に対応!!
http://www.ar-cad.net/

コメント

人気の投稿