スキップしてメイン コンテンツに移動

台湾・台北 旅メモ


  • MRTのプリペイドの磁気カードは、バスでも使えるし、コンビニでも使えるし、割引もあるからとても良い。九份に行く高速乗っているバスでも使える。
  • バスは、先払いと後払いある。他の人をまねればおk。一人しか居ない場合でも運転手がなんか言ってくるのでそれに従えばなんとかわかる。國立故宮博物院行きのバスは後払いでした。九份行きは先払い、帰りは後払いでした。
  • 九份からの帰りのバスでは、運転手が「タイペイ?」「タイペイ?」って聞いてくるので台北まで乗ってしまうなら「タイペイ」って言えばおk。他は知らない。どこで乗ったか識別できる整理券(カード)みたいのをくれる。
  • 九份から帰りのバスでは、混雑のため座れない場合があると思う。が、峠のダウンヒルアタックがはじまるので、歩きまくって疲れた足腰に相当くるので覚悟。運転手しだいだけど。ただ、途中のなんとか駅で降りる人が多いのでおそらく座れる。ただし、平日でした。週末は知らん。
  • タクシーは初乗り70NTDくらいなので歩くの疲れたらじゃんじゃんタクシーに乗るのでおk。
  • タクシー乗ったら、行き先は住所の書いてある紙、地図、ガイドブックを渡せばおk。シェシェは言っておこう。
  • 右側通行、左ハンドルの国。エスカレーターは左を開けていた。
  • 路地からスクーターが突っ込んでくるので気をつけること。
  • タイペイ101は5階でチケット買う。地下1階は団体専用。降りるときは地下1階まで行ってもいいかもしれない。ただ、5階までの方が空いていたけど。
  • コンビニ多いし、マツキヨばりのドラッグストアもある。細かいモノは持って行かなくても現地調達できる。
  • コンビニで買い物したときに、何も言わないと袋はくれないみたい。有料みたい。
  • ポカリスエットある。下痢になってもポカリで生きていけるので安心(心配性なので粉ポカリ持参したけど必要なしでした)。
  • 肉まんはめっちゃうまい。たぶん、どこの店でもうまい。胡麻のまんじゅうには、肉以外にもいろいろ入っている。
  • 牛肉麺、肉は最高にうまいが、ラーメンとしてはイマイチでした。店によると思うが。
  • 台湾(台北)の足裏マッサとか全身マッサは日本人には強すぎる感じがした。すっきりするが、基本は痛い。リラックスするものではない。
  • 台湾桃園国際空港からホテルへは、バスとタクシー使った。バスは1819路線で台北駅行き。番号だけ覚えておけば大丈夫。台北駅からは荷物あったのでタクシー。ホテル住所の書いてある紙を渡した。
  • 台北から台湾桃園国際空港へはタクシー使ったけど、ホテルに頼んで全部コミで1000NTDでした。
  • 夜市でちゃんと食事するのはレベル高くなってからにしようと思った。露天で買って、そのまま歩きながら食うので良い。あと、においに注意。いろんなのあるので、あわない人には気持ち悪くなるかも。
  • ご飯と移動手段は安い。他の物価は普通かなぁ。ホテルもそれなりのところなら普通。
  • ビザいらない。
  • 猫空(マオコン)のゴンドラ。クリスタルバージョン(水晶なんたらって書いてある)ってのが下がガラスばりになっている奴。待機列がわかれている ので、どうしても水晶したい場合は、そっちに並ぶ。人気あるので混んでいる。値段かわらず。複数台運行しているよう。オレ感覚では、1/5くらいが水晶 バージョンかなぁ。水色ベースのキティちゃんが虫眼鏡持っている絵なのがそうです。
  • (思いついたら、あとで追加するかも)




        コメント

        このブログの人気の投稿

        川崎市 粗大ゴミの料金表示が不親切

        川崎市で粗大ゴミを出す場合、粗大ゴミを出しますよ。って事前に申請して、収集料金に応じた粗大ゴミ処理シールをコンビニ等で購入し、収集日に出す必要があります。が、申請のときは料金を確認できるのですが、その後は、おおざっぱな(嘘っぽい)料金でしか確認ができません。はっきり言って不親切なつくりです。



        粗大ごみの収集申込み
        http://www.city.kawasaki.jp/e-guide/info3506/index.html

        こんなの嘘です。布団などは、5枚まで1個(500円)で OK です。



        こちらは申請画面です。この別表と下の JavaScript を使った料金表で確認するのが正しい金額となります。この画面は残念ながら、ログイン後の申請時にしか表示されず、どこにも詳細な情報は載っていないようです。

        申請した後は、「川崎市 ネット窓口かわさき(電子申請総合案内)」http://www.city.kawasaki.jp/e-guide/ の「申請状況照会・履歴確認はこちらから」から確認することができます。

        TimeCapsuleでどこでもMyMac

        MacBookAirのSSDの容量がほぼ限界に来てしまい、iTunes、iPhotoのライブラリをTimeCapsuleに持っていきました。実家などMBAを外に持って行ったときでも、うちにあるTimeCapsuleにアクセスできるといいのになぁ。。というのが「どこでもMyMac」というので簡単にできるということなのでチャレンジしてみました。

        こういうのってわかると簡単なんだけど、成功するまでたくさんのググり作業と試行錯誤で苦労したのでその記録を残しておきます。

        ※うちに置いてあるMac(MBA)を外から使うのではなく、外からMacを使って、うちにあるTimeCapsuleのHDDを使う、という用途です。
        iTunes、iPhotoのライブラリを外付けHDDとかに持って行く方法は他を参照ください。TimeMachineに使用するTimeCapsule上でのHDDサイズを制限するやり方は他を参照ください。 環境について: うちのInternet環境は、auひかりの光ファイバー接続で、ONUとHGWの先に、TimeCapsuleがあります。ちなみにTimeCapsuleは初代を使っています。 HWGはAterm BL190HWです。
        auひかりの線 -> ONU -> HGW -> TimeCapsule -> MacBookAirとか
        Time Capsule 買いました | Blog @cinz  http://blg.cinzi.net/2008/05/time-capsule.html auひかり ONUとHGW | Blog @cinz http://blg.cinzi.net/2010/01/au-onuhgw.html
        わかっている人向けにポイントだけを先に書くと、 TimeCapsuleはブリッジモードにする。TimeCapsuleのIPアドレスはHGWの「DHCPを利用した固定割当」にする。静的IPアドレスの指定ではダメでした(!)TCPポート5354 と、UDP ポート4500、5353 を通す。 です。
        これからの設定はTimeCapsuleとMacが同じネットワーク上にある状態で行います。 TimeCapsuleの設定: AirMacユーティリティでAppleIDを登録します。 インターネットのところで接続方法は「DHCP」にし…

        NS-B330 買いました